これから注目すべきは、欧州トップを誇る家電ブランド「Gorenje(ゴレニア)」

お問い合わせ

ブランド一覧

  • ハイセンス
  • ブラウプンクト
  • ヤコブ・イェンセン
  • スメグ
  • ニュートーン
  • アレッシィ
  • フィルコ
  • バウアー
  • フーヴァー
  • ラッセルホブス
  • ベコ
  • ベンタ
  • ウィルファ
  • ミデア・グループ/美的集団
  • スティーベル・エルトロン
  • ビッグアスファン
  • スタドラーフォーム
  • ビッグチル
  • ゴレニア
  • グルンディッヒ
  • ダイソン
  • バングアンドオルフセン
  • ユーロスイス

海外のデザイン家電 > ゴレニア(Gorenje)

これから注目すべきは、欧州トップを誇る家電ブランド「Gorenje(ゴレニア)」

ゴレニア / Gorenje

» WEBSITE

ユーゴ崩壊を経て、東欧の地で急成長を遂げたGorenje(ゴレニア)

Gorenje(ゴレニア)は、1950年創業のスロベニアを代表する家電ブランドです。当初は農業機械の製造や建築材料の開発に特化した会社でしたが、1958年に同ブランド初の家電製品となる固形燃料型炊飯器の生産を開始。以降、1960年代には洗濯機や冷蔵庫の生産にまで事業を拡大。キッチンユニットを中心に、家庭用電化製品の開発、製造を本格派させました。ビジネスの中核が家電製品へと移行した後、西ヨーロッパ地域を中心として確実に販売網を拡大させ、ドイツ、オーストリア、フランス、デンマーク、イタリアの各国に拠点を設けています。

創業以来、順調に事業を拡大し続けてきたGorenje(ゴレニア)ですが、1990年代後半にはユーゴスラビアの崩壊により、国内市場に大きな打撃を受けることに。以降、輸入拡大に向けた再編を目指すとともに、チェコやハンガリー、ポーランド、ブルガリアなど東ヨーロッパ諸国に拠点を移し、激変する同地域において新たな市場の創造に乗り出したのでした。1990年代後半から2000年代初めには公開会社となり、その後家電メーカーのMora Moravia(モラモラヴィア)やASKO(アスコ)を買収。新ブランドの立ち上げや新作家電のリリースを手掛ける等、東欧を代表する家電ブランドへと成長しました。

常に進化し続ける、Gorenje(ゴレニア)ブランドの躍進

Gorenje(ゴレニア)グループは、グローバルブランドである「Asko(アスコ)」と「Gorenje(ゴレニア)」の他、ベネルクス諸国で強い存在感を発揮する「Atag(アタッグ)」、「 Pelgrim(ペルグリム)」、「Etna(エトナ)」、チェコスロバキアでシェアを拡大する「Mora(モラ)」、主にフィンランドで販売される家電メーカー「Upo(ウポ)」、さらにスロベニア、オーストリア、ギリシャ、ロシアで高い人気を誇る「Korting」の6つのローカルブランドで構成されています。

同グループを代表するGorenje(ゴレニア)は“家電製品に革新を”というミッションのもと、2008年にはアップル社とのライセンス契約に基づき「Gorenje for iPod」を発表。調理中に音楽を聴いたり、オンラインレシピを閲覧したり、料理ビデオを視聴したりすることが可能になる等、キッチンスペースの新たな楽しみ方を提案しています。

ユーザーにとってのより快適な生活の実現のために、常に進化し続けるGorenje(ゴレニア)の家電アイテム。日本ではまだあまりなじみがありませんが、今後の展開が楽しみな海外家電ブランドのひとつです。

シンプルを基調とした、美しきモダンデザイン

白物家電

WA74SY2W Washing Machine

清潔感漂うホワイトのボディと、ロゴアクセントを基調としたシンプルデザインが美しい「WA74SY2W Washing Machine」。配置する空間を選ばない、スタイリッシュな雰囲気が魅力。多彩なプログラムでしっかりとした洗い上がりを実現、一方でエネルギー効率は“A+++”のエコ仕様に。

Combi Freedge/Freezer

インテリア同様、キッチンスペースにもこだわりたい方のための冷蔵庫「Combi Freedge/Freezer」。スノーホワイトのカラーリングにシルバーのロゴデザインが施され、洗練されたモダンな佇まいが秀逸です。大容量でありながら、“A++”のエネルギー効率を誇るエコデザイン。必要な機能を兼ね備えながらも、見た目の美しさをも追及されたGorenje(ゴレニア)ブランドらしいデザインです。

調理家電

BO75SY2B Oven

ブラックとホワイトのモノトーンカラーで、キッチンにモダンなイメージをもたらす、Gorenje(ゴレニア)の「BO75SY2B Oven」。周囲にしっくりとなじみ、シンプルながらもしっかりとその存在感を発揮するデザインに定評があります。ADAPTTECH BAKING機能搭載により、いつもの設定を繰り返しインプットさせる必要がありません。

目指すのは“デザインにおける革新”

Gorenje(ゴレニア)では“イノベーションとデザイン”をテーマに、常に新たな革新的ソリューションを追求。新製品開発の現場においては自社の研究開発チームと著名人との協働を積極的に図るなど、良いものを作り上げるため、企業としては非常にオープンな姿勢を貫いている点に特徴があります。
 自社のデザインスタジオで生み出されるGorenje(ゴレニア)デザインは、シンプルかつスタイリッシュな佇まいが世界的に幅広く支持されています。すっきりとしたフォルムを保ちながらも、カラーリングやディテールデザインにこだわり、日常の何気ない空間に洗練された雰囲気をもらたしてくれます。数あるGorenje(ゴレニア)家電の中でも、とりわけ注目されているのが多彩なカラー展開で知られる冷蔵庫コレクションでしょう。冷蔵庫といえば、一般的にはシルバーやホワイト、ブランクといったモノトーンが主流ですが、シャンパンから―やボルドーレッドといった華やかなラインナップが印象的です。
 モダンとクラシックを見事に兼ね備えるGorenje(ゴレニア)家電。そのデザインの一つひとつがいわば、“時代を超越した美しさ”を体現しているのです。